寸庭 N邸 京都
室町時代の灯籠の基礎に水穴をあけた蹲踞(つくばい)が玄関の窓から見える庭。